沿革

昭和24年 伊豆川寅蔵商店として創業
海産物や飼料用魚荒粕の製造・販売を行う
昭和35年 伊豆川飼料株式会社を設立 伊豆川埈次が代表取締役に就任
飼料用魚粉の製造を開始し、全農や全国の配合飼料メーカー各社へ販売を行う
昭和62年 肥料用魚粕「純正魚粕」を静岡県に登録、以降肥料用の魚粕を各種製造・販売を始める
平成12年 指定配合肥料「清見潟7-8-5」を製造開始し、指定配合肥料の製造を拡大する
平成13年 伊豆川徹三が代表取締役に就任
平成14年 配合肥料工場を新設
本格的に配合及びペレット肥料の製造を開始し、         
静岡県内のJAや販売店、全国の配合肥料メーカーへ販売を拡大する
平成26年 平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に採択される
平成27年 革新事業に採択された「有機肥料製造に特化したペレットマシン」を導入する
平成28年 新肥料用包装システムを導入する
平成29年 地元メーカーと協力し、ツナ缶詰の新商品「とろつな」「しろつな」を開発、販売を開始する
経営革新計画が静岡県に承認される
経営力向上計画が農林水産省に承認される